高い専門性が求められる論文翻訳サービス

学術ジャーナルへの投稿や他言語での学術書籍の出版、大学などの機関での研究など、アカデミックな分野での利用が主となる論文翻訳。単純な言語力だけではなくその分野に精通した高い専門性が求められ、完成した英語論文も原文との整合性を保ちつつ、各言語からの英語の言語的特徴に則った論理的構造に仕上げる必要があります。さらに英訳だけにとどまらず、ジャーナル投稿のための英文校正も欠かせませんね。

しかし、高いレベルで論文翻訳を行える翻訳会社は多くはないのが実情です。

論文翻訳を依頼する業者を選ぶ際に重視するべきポイントとして、次のようなものがあります。

 

  ◆専門性   論文翻訳・学術翻訳に不可欠なテーマに対する専門的な知識
  ◆対応ジャンル   医学を始めとする多岐にわたる学術分野に対するカバー範囲の広さ
  ◆チェック体制   翻訳・校正の仕上がりに対する品質管理体制
  ◆翻訳実績   ジャーナル掲載実績・取引実績
  ◆納品スピード   急な案件に対する特急プラン等
  ◆アフターサービス   再校正・査読対応などのアフターフォローの有無

 

おすすめ論文翻訳会社ベスト5

上記の6つの要素を基準に、高い専門性と英訳スキルを持ち、高品質な論文翻訳・学術翻訳サービスを提供している翻訳会社をランキングにしました。
さっそく第一位から順にご紹介します。

おすすめ論文翻訳会社 1位

JOHO

JOHO

総評


1位に輝いたのは専門性・対応ジャンル・対応言語・実績等全てにおいてレベルの高い翻訳サービスを提供しているJOHOです。

もともと多言語翻訳に定評のあるJOHOですが、論文翻訳・技術翻訳においても医学や薬学、経済学等の主要ジャンルを始め、技術系や法律系まで幅広く対応。特に論文翻訳において最も専門性が必要とされる医療の分野においては、ジーニアスプラスという専門校閲サービスを展開しています。

ネイティブと日本人両方のPhD、MDによるダブルチェックの翻訳・校閲サービスを提供しており、論文のジャーナルへの投稿実績は300件以上。
Scienceを始めとするインパクト・ファクターの大きいトップジャーナルへの掲載も実績もあります。

24時間以内に納品を行う超特急プランや追加料金0の修正対応など、サポート体制も非常に充実しており、納得の第1位です。


論文翻訳サービスの評価

★★★【 29 / 30 】★★★
専門性 ★★★★★
対応ジャンル ★★★★☆
チェック体制 ★★★★★
翻訳実績 ★★★★★
納品スピード ★★★★★
アフターサービス ★★★★★

 

論文翻訳サービス利用者の評判・口コミ

  • 学術ジャーナルへの投稿のため、医学論文の英訳と校正をお願いしました。見積もりの際に校正前レビューを出していただき、どのような方針で翻訳・校正が行われるのを把握することが出来たので、安心して論文翻訳を依頼することができました。
    10年以上医療分野の研究に従事した博士号を保有する方が最終確認を行っているというだけあり、翻訳の精度はもちろん英語の医学論文としても納得のクオリティでした。
    校正証明書も発行してもらえるので、ジャーナル等への投稿を考えている方には特におすすめの翻訳会社です。
  • 時間が無い中での依頼でしたが、超特急というコースを利用して非常に速いスピードで納品していただけました。
    短時間で翻訳・校正をしていただいたにも関わらず、内容的にも素晴らしい英語論文に仕上がっていました。
    ありがとうございます。

得意な翻訳ジャンル・強みとなるサービス

多言語翻訳 / 医学論文 / 特許翻訳 / 超特急納品

おすすめ論文翻訳会社 2位

エディテージ

エディテージ

総評

ジャーナルへの投稿ではなく、受理を目標とする論文翻訳サービスを提供するエディテージ。
翻訳者にはBELS校正者認定試験合格者も在籍しており、翻訳のレベルは非常に高いと言えます。

医学を始めとする主要な分野ももれなく押さえており、ジャーナル掲載実績や技術翻訳の実績も豊富です。

1点注意するとすれば、プレミアムコースでなければ、論理構造にまで踏み込んだ校正は対象外となり、文法や言い回しの修正のみとなります。


論文翻訳サービスの評価

★★★【 27 / 30 】★★★
専門性 ★★★★★
対応ジャンル ★★★★☆
チェック体制 ★★★★★
翻訳実績 ★★★★★
納品スピード ★★★★☆
アフターサービス ★★★★☆

論文翻訳サービス利用者の評判・口コミ

  • スタンダードの翻訳・校正プランを定期的に利用しています。
    内容については満足しています。
    英訳の修正箇所について詳細に内容を書いてくれるので、自身の英語スキルが向上するという予想外の嬉しい効果もありました。
  • プレミアム論文翻訳を利用。
    修正内容についてこちらの希望を取り入れてくれるコラボ翻訳は非常に素晴らしいと思いました。

得意な翻訳ジャンル・強みとなるサービス

英文校正 / 査読対策

おすすめ論文翻訳会社 3位

ユレイタス

ユレイタス

公式HP:https://www.ulatus.jp

 

総評


ユレイタスは対応言語を英語に絞り、論文翻訳のクオリティに特化した翻訳会社です。
最も高額なプラン限定ではありますが、ネイティブチェッカーによるトリプルチェック体制をとっており、学術ジャーナル等への掲載実績も豊富。

特に研究者が少ない分野などは翻訳者を見つけるのが困難ですが、そういった論文の翻訳はユレイタスがおすすめです。


論文翻訳サービスの評価

★★★【 26 / 30 】★★★
専門性 ★★★★★
対応ジャンル ★★★★☆
チェック体制 ★★★★☆
翻訳実績 ★★★★★
納品スピード ★★★★☆
アフターサービス ★★★★☆

論文翻訳サービス利用者の評判・口コミ

  • これまでも論文翻訳サービスは頻繁に利用していましたが、納品されたものは英語論文としての質が高いとは言えず、自分でクロスチェックを行う必要がありました。
    その点ユレイタスは英訳から校正まで全ての工程を丸投げできるので、非常に助かっております。
  • 論文投稿パックを利用。翻訳費用としては決して安いものではありませんが、納得のサービス内容でした。
    特にジャーナル投稿規定に沿ったフォーマット調整は助かりました。
    初めてジャーナル投稿を行う方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

得意な翻訳ジャンル・強みとなるサービス

論文投稿パック / トリプルチェック

おすすめ論文翻訳会社 4位

翻訳依頼.com

翻訳依頼.com

公式HP:http://www.lab-trans.com

 

総評


幅広い分野・言語の学術論文翻訳に対応している翻訳会社です。
文法や単語の用法の面から翻訳のクオリティを高める「翻訳チェック」や、論文としての論旨を明確にし、ジャーナルへの投稿等をサポートする「英文校閲・校正」など目的に合わせてコースを選ぶことが出来るのも嬉しいポイントではないでしょうか。


論文翻訳サービスの評価

★★★【 25 / 30 】★★★
専門性 ★★★★☆
対応ジャンル ★★★★★
チェック体制 ★★★☆☆
翻訳実績 ★★★★★
納品スピード ★★★★★
アフターサービス ★★★☆☆

論文翻訳サービス利用者の評判・口コミ

  • 全体として翻訳・編集の仕上がりが良く、ほとんど手直しせずに済みました。ありがとうございました。
  • 翻訳・校正サービスのクオリティはもちろんのこと、こちらの疑問や問い合わせに対してのレスポンスがいつも早く、信頼感を持って依頼することが出来ます。

得意な翻訳ジャンル・強みとなるサービス

多言語翻訳

おすすめ論文翻訳会社 5位

FORTE

FORTE

総評


FORTEは科学技術論文の翻訳において30年近い実績を持つ翻訳会社です。
長年蓄積したノウハウにより安定した英訳・校正サービスを提供しており、ユーザーからのリピート率も85%と高いものになっています。

プレゼンテーションや査読コメントにも対応しており、投稿規定のチェックや代理投稿などジャーナル投稿サポートのオプションが充実しているのも嬉しいポイントですね。


論文翻訳サービスの評価

★★★【 24 / 30 】★★★
専門性 ★★★★☆
対応ジャンル ★★★★☆
チェック体制 ★★★☆☆
翻訳実績 ★★★★★
納品スピード ★★★★★
アフターサービス ★★★☆☆

論文翻訳サービス利用者の評判・口コミ

  • 長年お世話になっています。
    ずっと同じ方が担当してくださっているので、安心して論文の翻訳を依頼することができます。
  • プレゼンテーションの口頭発表原稿の音声データにはいつも助けられています。
    これからもリピートしたいと思います。

得意な翻訳ジャンル・強みとなるサービス

豊富なサポートオプション

高品質な論文翻訳なら「JOHO」

論文翻訳の精度が高い翻訳会社ランキングではJOHOを第1位に選出しました。
その決め手となったのはやはり総合力です。
専門性、対応可能な分野と言語、品質管理体制、納品スピード、アフターフォローの全ての点において、高い水準のサービスを提供しています。

JOHOが選ばれる理由

  • 圧倒的な専門性

    対応可能なジャンル・言語が幅広いにもかかわらず、それぞれの分野に精通した人材が翻訳を担当します。
    特に医学の分野では、博士号・修士号を取得し、10年以上研究に従事した研究者から論文の校正を受けることができます。


  • 多言語翻訳に対応

    英語やヨーロッパ圏にとどまらず、アジアやアフリカまで多様な言語の翻訳が可能です。
    なんとその数は15以上と非常に多く、さらに日本語以外の言語から英語への翻訳や、英語をハブとした二重翻訳も可能。


  • 万全の品質管理体制

    翻訳された原稿をネイティブのPh.D.が徹底的に校正し、さらに日本人のM.D.が原文との整合性を確認するという厳重なチェック体制を採用。
    非常に高品質な英語論文の原稿を納品してもらえます。


  • 無料再修正・再校正

    翻訳は納品後1ヶ月、校正は無期限で再校正を受けることができるため、ジャーナルへの投稿を考えている場合には非常におすすめです。
    内容の変更があった場合にも割引料金で再校正してくれるのもありがたいですね。


口コミ評判もGood

 

最後にJOHOを利用したユーザーの口コミをご紹介します。
満足度の高さが伺える口コミが多く寄せられているので、ぜひご参考にしていただければと思います。


  • 更正前にレビューを出してもらえるのがとにかく助かります。論文翻訳は内容について都度要望を出すのがけっこうな手間になりがちなので、非常にスムーズな進行に感動しました。

  • 流石に専門知識豊富な方が校正にあたってくれるだけあり、内容まで踏み込んだ論文翻訳をしてもらえました。クオリティのブラッシュアップにもつながります。
  • アフターフォローが充実していました。校正後にもこちらの問い合わせについて丁寧に対応していただき、初めてのジャーナルへの投稿でしたが安心感を持って取り組むことが出来ました。
  • 他の業者に翻訳の依頼をした原稿に納得がいかず、知人のすすめで知ったJOHOさんに再校正をしていただきました。素晴らしい英語論文に仕上げていただくことが出来ました。

 

JOHOの詳細はこちら